70年代の作品を中心にギターのカッコ良いロックやフュージョンのCDを紹介します

【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介

ジョニーウィンター

ジョニーウィンター『ライヴ(Johnny Winter And Live)』~徹頭徹尾、ロックンロール&ブルーズしたライヴアルバム

更新日:

「100万ドルのギタリスト」のキャッチフレーズを持ち、
1968年に『ザ・プログレッシヴ・ブルーズ・エクスペリメント』で
ミュージックシーンに登場したロックンロールギタリスト、
ジョニーウィンター。

2014年に亡くなるまで40年以上に渡って第一線で活躍し続け、
発表したアルバムではスタジオ盤、ライヴ盤共に
一貫してロックンロールとブルーズを演奏し続けた、
筋金入りのロックンロールギタリストといえます。

ロックンロールとブルースのスタンダードを取り上げた『ライヴ(Johnny Winter And Live)』はソロと併せてバッキングパターンのバリエーションも必聴

johnnywinterandlive
1971年にリリースされた『ライヴ(Johnny Winter And Live)』は
ギタリストにリック・デリンジャー、ベーシストにランディ・ジョー・ホブス、
ドラムスにボビー・コールドウェルを従えた4人編成によるライブアルバム。
収録曲は、
1、グッド・モーニング・リトル・スクール・ガール
(Good Morning Little School Girl)
2、イッツ・マイ・オウン・フォールト
(It's My Own Fault)
3、ジャンピン・ジャック・フラッシュ
(Jumpin' Jack Flash)
4、ロックン・ロール・メドレー
(Rock And Roll Medley)
火の玉ロック~のっぽのサリー~ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン
5、ミーン・タウン・ブルース
(Mean Town Blues)
6、ジョニー・B・グッド(
johnny B. Goode)
の6トラックで
ジョニーのオリジナル曲は「ミーン・タウン・ブルース」のみで
他はすべてロックンロールとブルースのスタンダードで構成されてます。

多彩なバッキングパターンも要チェック

ロックンロールのライブアルバムということでジョニーウィンターと
リックデリンジャーの2人が熱のこもったソロを聞かせてくれますが、
注意して聴きたいのが片方がソロをとっているときのバッキング。

ロックンロールやブルースのバッキングパターンって
それほどバリエーションが無いように思えてしまいますが、
2人のバッキングは変幻自在。

このバッキングのバリエーションはかなり参考になると思います。

名盤の誉れ高いジョニーウィンターのもうひとつのライブアルバム

johnnywintercapturedlivefront
1976年にリリースされた『キャプチャード・ライヴ(Captured Live!)』は
セカンドギタリストがリックデリンジャーから
フロイド・ラドフォードに、ドラマーがリチャード・ヒューズに
チェンジしての4人編成によるライブアルバム。
収録曲は
1、マカロニ・ボニー(Bony Moronie)
2、ロール・ウィズ・ミー(Roll with Me)
3、ロックンロール・ピープル(Rock & Roll People)
4、イッツ・オール・オーヴァー・ナウ(It's All Over Now)
5、追憶のハイウェイ61(Highway 61 Revisited)
6、スウィート・パパ・ジョン(Sweet Papa John)
今作も『ライヴ(Johnny Winter And Live)』同様に、
ジョニーウィンターのオリジナルは「スウィート・パパ・ジョン」のみ。
前作ではローリングストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」を取り上げてましたが、
今作ではジョンレノンの「ロックンロール・ピープル」と
ボブディランの「追憶のハイウェイ61」を取り上げてるのが
アルバムのハイライトになってます。
特に「追憶のハイウェイ61」のシャッフルのリズムに乗った
スライドプレイが圧巻です。

ブルースの大御所であるジミーリードとの共演ライブではサイドメンに徹した渋いプレーを聞くことが出来ます

johnnywinterjimmyreed
こちらはブルースの大御所的存在のジミーリードとの
1972年のライブを収録したアルバム。

この公演でのジョニーはギタリストのポジションに
徹したプレーを聴かせてくれます。

ジョニーウィンターのギタースタイルは?

ジョニーウィンターのギターの一番の大きな特徴はフラットピックではなく
親指に装着するサムピックを使用していること。

そのためにピックを持たなくて良いのでより多彩な
フィンガーピッキングが可能になってます。

また、オープンチューニングを使用したスライドギターも
ブルースにどっぷり浸かったジョニーならではのスタイルとなってます。

【楽天市場&アマゾン】
johnnywinterandlivejohnnywintercapturedlivefrontjohnnywinterjimmyreed
Amazonで「ジョニーウインター ライブ」の検索結果
アマゾンで「ジョニーウインター live」の検索結果
楽天市場で「ジョニーウインター live」の検索結果
楽天市場で「JohnnyWinter ライブ」の検索結果

-ジョニーウィンター

Copyright© 【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介 , 2021 All Rights Reserved.