70年代の作品を中心にギターのカッコ良いロックやフュージョンのCDを紹介します

【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介

サンタナ ニールショーン

サンタナ『SANTANA Ⅳ』~4月に来日公演を控えたサンタナが初期のメンバーを再結集して2016年に発表したアルバム

更新日:

2017年4月に4年ぶりとなる来日公演を行うSANTANAが2016年にリリースした『SANTANAⅣ』とは?

santana4
カルロスサンタナ率いるラテンロックバンド「SANTANA」が
昨年リリースしたニューアルバムの
タイトルは『SANTANAⅣ』。

1969年にファーストアルバムとなる『SANTANA』を発表し、
これまでに20枚を超える作品をリリースしてきている
SANTANAの最新アルバムのタイトルがなぜ『SANTANAⅣ』なのか、
という事についてはすでに広く知れ渡っていることなので
簡単な説明に留めておきます。

今作の『Ⅳ』のレコーディングセッションに参加したミュージシャンは、
バンドの初期のメンバーである、グレッグ・ローリー(Key/Vo)、
マイケル・カラベロ(Per)、マイケル・シュリーヴ(Dr)。
ベースのディッド・ブラウンとパーカッションの
ホセ・チェピート・エレアスが不参加なのは
残念ですが、上記のメンバーに加えて1971年に当時、17歳ながら
グループに参加してアルバム『SANTANAⅢ』でエモーショナルな
プレーを披露してくれたニール・ショーンが
今回のプロジェクトに加わっていることから、
今作は『Ⅲ』の次の作品である『Ⅳ』と
ネーミングされてます。

『Ⅳ』を聴くにあたって久しぶりに初期の3枚を聴いてみたら

◎『SANTANA』
santana1st
ファーストアルバムの収録曲で印象に残るのはやはり、
トップを飾る「Waiting」や「Evil Ways」、「Jingo」、
「Soul Sacrifice」といったワイルドさが前面に出た曲。

ティンバルスやギロ等、他のロックバンドでは耳にすることがない楽器も新鮮です。

【アマゾンや楽天市場で購入】

サンタナ(Blu-spec CD2) [ サンタナ ]


サンタナ

◎『Abraxas(天の守護神)』
santanaabraxas
ロック界の名盤と言われるセカンドアルバムの『Abraxas(天の守護神)』は
ワイルドなラテンサウンドに加え
「Black Magic Woman/Gypsy Queen」や
「Oye Como Va(僕のリズムを聞いとくれ)」、
「Samba Pa Ti(君に捧げるサンバ)」という
キャッチーなヒット曲が収録。
「名盤」に異論を唱える者がない、文字通りの名盤と言えます。

【アマゾンや楽天市場で購入】

天の守護神 [期間生産限定盤][CD] / サンタナ


天の守護神

◎『SANTANAⅢ』
santana3

ニールショーンが加入してツインギタースタイルとなった『SANTANAⅢ』は
スリリングなギターソロの応酬が魅力。
『Abraxas』に次いで全米1位を獲得する
ヒットアルバムとなりました。
【アマゾンや楽天市場で購入】

【輸入盤】SANTANA サンタナ/SANTANA III(CD)


サンタナIII

「45年ぶりの新作」という位置づけになる『SANTANAⅣ』について

初期の3作はプレイタイムが40分程度、と
現在のロックのアルバム
と比べると収録時間がかなり短め。

CDの時代になってアルバムの収録時間が70分前後、
という事に慣れてしまっていると
初期の作品はかなりコンパクトに
まとめられてる印象があります。

一方、『Ⅳ』は16曲収録でプレイタイムも
70分オーバー。
曲数が多い分、曲のパターンもかなり
バリエーションに富んでいます。
『Ⅲ』ではテンションの高い曲がずらっと
並んでましたがさすがに収録時間が70分を
超えるとなるとハイテンションの曲ばかりでは
聴くほうが疲れてしまうでしょう。

『Ⅳ』についての様々なレビューに目を通してみると
「45年前と比べて云々…」と否定的な意見を述べられている方が
いらっしゃいましたが、緩めの曲が収録されているのは
「老い」ではなく「作品のトータルなクオリティーを考えた結果」だと
思います。
同様に、「チェピートがいないのでリズムが弱い」という
意見もミキシングでリズムが押さえられている、
からではないでしょうか?

個人的には1曲目の「Yambu」から「Shake It」、
「Anywhere You Want To Go」への
3曲の流れは素晴らしいと思いました。

9曲目の「Suenos」は45年前のレパートリーには無かった
「哀愁」路線の曲。
どこかで聴いたことがあるようなメロディーの曲が
収録されているのはご愛敬、というかユーモアなんでしょうね。

【アマゾンや楽天市場で購入】

Santana Iv


SANTANA IV【輸入盤】▼/SANTANA[CD]【返品種別A】

直前にぜまった来日公演について

4年ぶりになるSANTANAの来日コンサートのタイトルは
『SANTANA “TRANSMOGRIFY TOUR 2017』。

公演スケジュールは

4月22日~岩手・盛岡市 盛岡市民文化ホール・大ホール
4月24日~大阪市・港区 大阪市中央体育館
4月25日~名古屋市・熱田区 名古屋国際会議場・センチュリーホール
4月27日~東京・千代田区 日本武道館

チケットの予約、購入、詳細はウドー音楽事務所まで

来日が予定されているメンバーは
カルロス・サンタナ(G)
トミー・アンソニー(G)
デイヴ・マシューズ(Key)
シンディ・ブラックマン・サンタナ(Ds)
ベニー・リートヴェルド(B)
カール・ペラーソ(Timbales)
パオリ・ メヒアス(Congas)
アンディー・バーガス(Vo)
レイ・グリーン(Vo)

アマゾンでSANTANAの検索結果

-サンタナ, ニールショーン

Copyright© 【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介 , 2021 All Rights Reserved.