70年代の作品を中心にギターのカッコ良いロックやフュージョンのCDを紹介します

【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介

ジョン・マクフィー トム・ジョンストン ドゥービー・ブラザーズ パトリック・シモンズ

4月に来日公演が控えているドゥービーブラザーズのライブアルバム2作品とリメイクアルバム

更新日:

今回の来日では21年ぶりの武道館公演が実現

2009年9月以来、8年ぶりの来日公演が
控えているドゥービーブラザーズ。
今回のツアーの東京公演の会場は日本武道館。
ドゥービーズが武道館公演を行うのは1996年4月以来。
何と21年ぶりの事になります。

稀代のライブバンドとして活動を続けるドゥービーズ

ドゥービーブラザーズがデビューしたのは1970年。
今から47年前の事になります。
途中、80年代に解散していた時期もありますが
長く活動しているバンドにしては
発表したアルバムは1971年の『The Doobie Brothers』から
現在のところ、一番新しいスタジオアルバムの
『Southbound』(2014年)までトータルで14作品、
とかなり寡作です。

それにしてはメンバーの入れ替わりが
激しかったりします。
このことからも彼らが
「作品を遺すよりもステージに力を入れてきた」
という事がわかるかと思います。

解散ツアーの模様を収録した初期のライブアルバム
           ~フェアウェル・ツアー・ ライヴ(Farewell Tour)

doobiefarewell

1982年夏からスタートしたオリジナル・ラインナップによる
最後のツアーを収めたライヴ・アルバムです。

レコーディング地は1982年9月11日カリフォルニア、バークレー。
当時、バンドを脱退していたトム・ジョンストンも
ゲストで登場し、歌声を聴かせてくれます。

セットリストは

 1. スリッペリ・セント・ポール
2. ドゥービー・ストリート
3. 希望の炎
4. ミニット・バイ・ミニット
5. 愛のゲッタウェイ
6. リッスン・トゥ・ザ・ミュージック
7. エコーズ・オブ・ラヴ
8. ホワット・ア・フール・ビリーヴス
9. ブラック・ウォーター
10. ユー・ビロング・トゥ・ミー
11. スラック・キー・ソキュアル・ラグ
12. スティーマー・レイン・ブレイクダウン
13. サウス・シティ・ミッドナイト・レディ
14. オラーナ
15. ドント・スタート・ミー・トーキン
16. ロング・トレイン・ランニン
17. チャイナ・グローヴ

【楽天市場で購入】

【CD】フェアウェル・ツアー・ライヴ<SACD/ハイブリッド 2016リマスター>ドゥービー・ブラザーズ [SACD-Hybrid][WPCR-17688]

2017年4月19日に発売される<SACD/ハイブリッド 2016リマスター>盤になります

初期の楽曲を中心に演奏した2004年収録のライブアルバム 
         ~ライヴ・アット・ウルフ・トラップ(Live at Wolf Trap)

doobielivewolf1

2004年7月にヴァージニアで行なったステージを
収録したライブアルバムです。
今回、来日が予定されているトム・ジョンストン、
パトリック・シモンズ、ジョン・マクフィーの三人が
参加しているので現在のドゥービーに近い
サウンドが聴けるライブです。
セットリストは
 

1. ロッキン・ダウン・ザ・ハイウェイ
2. 希望の炎
3. デンジャラス
4. アナザー・パーク
5. スティーマー・レイン (インストゥルメンタル)
6. サウス・シティ・ミッドナイト・レディ
7. スネイク・マン
8. ファイヴ・コーナーズ
9. レイニー・デイ・クロスロード・ブルース
10. クリア・アズ・ザ・ドリヴン・スノウ
11. ドント・スタート・ミー・トーキン
12. 君の胸に抱かれたい
13. リトル・ビティ
14. ブラック・ウォーター
15. ロング・トレイン・ランニン
16. チャイナ・グローヴ
17. リッスン・トゥ・ザ・ミュージック

【アマゾンで購入】

ライヴ・アット・ウルフ・トラップ

豪華ゲストを迎えて制作されたセルフカバーベスト~サウスバウンド(SOUTHBOUND)

doobiesouth1
4年ぶりとなる最新スタジオ・アルバムです。
ゲストとしてブレイク・シェルトン、ブラッド・ペイズリー、
ケイシー・ジェームス等が参加しているのも注目。
かつてのメンバー、マイケル・マクドナルドも
参加して歌声を聴かせてくれてます。
セットリストは

1. ブラック・ウォーター
(with ザック・ブラウン・バンド)
2. リッスン・トゥ・ザ・ミュージック
(with ブレイク・シェルトン&ハンター・ヘイズ)
3. ホワット・ア・フール・ビリーヴス
(with サラ・エヴァンス)
4. ロング・トレイン・ランニン
(with トビー・キース&ヒューイ・ルイス)
5. チャイナ・グローヴ
(with クリス・ヤング)
6. ドゥービー・ストリート
(with ラヴ・アンド・セフト)
7. 希望の炎
(with ケイシー・ジェームス)
8. ロッキン・ダウン・ザ・ハイウェイ
(with ブラッド・ペイズリー)
9. 君の胸に抱かれたい
(with タイラー・ファー)
10. サウス・シティ・ミッドナイト・レディ
(with ジェロッド・ニーマン)
11. ユー・ビロング・トゥ・ミー
(with アマンダ・スダーノ・ラミレス&ヴィンス・ギル)
12. ノーバディ・イントロ
13. ノーバディ
(with チャーリー・ウォーシャム)

【楽天市場で購入】
サウスバウンド [ ドゥービー・ブラザーズ ]
【アマゾンで購入】
サウスバウンド

来日公演のスケジュールと問い合わせ先は?

今回のジャパンツアーは東京の日本武道館を含む全4公演。
公園の日程は以下の通りになります。

【金沢公演】
2017年4月24日(月) 本多の森ホール 18:30 open/19:00 start
S ¥11,000 A ¥10,000([座席指定]/税込)
問い合わせ先 ケィ・シィ・エス 076-224-4141

【東京公演】
2017年4月26日(水) 日本武道館 18:00 open/19:00 start
S ¥11,000(アリーナ席・1F席・2F席[座席指定]/税込)
A ¥10,000(2F席ステージ後方[座席指定]/税込)
問い合わせ先 ウドー音楽事務所 03-3402-5999

【名古屋公演】
2017年4月27日(木) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール 18:30 open/19:00 start
¥11,000 A ¥10,000([座席指定]/税込)
問い合わせ先 CBCテレビ事業部 052-241-8118

【大阪公演】
2017年4月28日(金) グランキューブ大阪 18:00 open/19:00 start
S ¥11,000 A ¥10,000([座席指定]/税込) 
問い合わせ先 大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506

ドゥービーブラザーズはギターのカッコよさをウリにしている
バンドではありませんが、トム・ジョンストン、
パトリック・シモンズ、ジョン・マクフィーという
ルーツの異なるギタリストが
それぞれのスタイルを見事に融合させたサウンド、
フレーズを聴かせてくれるので
紹介しました。

-ジョン・マクフィー, トム・ジョンストン, ドゥービー・ブラザーズ, パトリック・シモンズ

Copyright© 【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介 , 2021 All Rights Reserved.