70年代の作品を中心にギターのカッコ良いロックやフュージョンのCDを紹介します

【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介

Leslie West レスリー・ウエスト

【West, Bruce & Laing~Why Dontcha】レスリー・ウエストと ジャック・ブルースならではのハード・スロー・ブルースが聴き処です

投稿日:

クリームのベーシスト、ジャック・ブルースと
マウンテンのドラマー、コーキー・レイング、
ギタリスト、レスリー・ウエストが結成した
West, Bruce & Laingが1972年にリリースした
『Why Don'tcha?』とセカンドアルバム『Whatever
Turns You On』、解散後の1974年に発売となった
ライヴアルバム『Live 'n' Kickin'』を紹介します。


70年代初頭はちょっとしたスーパーグループが
ブームになっていて、クラプトンのブラインドフェイス、
ベックのBB&Aが知られてますが、この2つのバンドは
ファーストアルバムのみで空中分解。

セカンドアルバムをリリースしたWest, Bruce & Laingは
当時のスーパーグループとしては異例の存在でした。

このWest, Bruce & Laingの大きな特徴は
メンバーの3人がそれぞれにリードヴォーカルを
担当できる、という所。
おそらく、リードヴォーカルを担当する
メンバーが主導権を握ってレコーディングが
行なわれた、と思われ、アルバム全体としては
若干まとまりに欠けるような気がします。

それでも、スローブルースのスタンダードである
5曲目の「Third Degree」や9曲目の
「Love Is Worth the Blues」の重厚な
ハードブルースはこの3人ならではの
サウンドと言えそうです。

アマゾンでWest, Bruce & Laingの『Why Dontcha』を購入する

解散に発表された『Live 'n' Kickin'』は
バンドの解散が公になった直後に
リリースされた彼らのラストアルバム。


収録曲の4曲のうち、彼らのレパートリーとして
既発の曲は「The Doctor」のみで、
1曲目の「Play with Fire」はザ・ローリング・
ストーンズの初期のオリジナル曲。
3曲目はクリームの「政治家」。4曲目は
彼らの未発表曲としてクレジットされている
「Powerhouse Sod」。

ライヴアルバムでのレスリーのプレーは
スライド奏法、ピッキングハーモニックス、
ヴォリューム奏法という技巧を交えながら
ハードな中に歌心が感じられる
ソロを聴かせてくれます。

アマゾンでWest, Bruce & Laingの『Live 'n' Kickin'』を購入する

-Leslie West, レスリー・ウエスト

Copyright© 【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介 , 2021 All Rights Reserved.