70年代の作品を中心にギターのカッコ良いロックやフュージョンのCDを紹介します

【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介

Leslie West レスリー・ウエスト

マウンテン~レスリー・ウエスト率いるアメリカンハードロックの雄、 マウンテンの結成から一度目の解散までのアルバムをまとめて紹介!

投稿日:

1969年の結成から解散、再結成、メンバーチェンジを繰り返した
マウンテンが結成されるきっかけとなったギタリスト、
レスリー・ウエストの1969年発表のソロアルバム『Mountain』から
第1期マウンテンの最終作『Flowers of Evil(邦題・悪の華 1971年作品)
までの4枚のアルバムについて紹介します。

マウンテンの魅力と言えば、レスリーが主導権を持つ
ハードでヘヴィーなサウンドと、ベーシストの
フェリックス・パパラルディのクラシック音楽に
インスパイアされた壮大な曲調の両面を
持ち合わせたバンドである、という事。

ふたりがそれぞれにヴォーカルを取り、
レスリーは力強いダミ声のシャウト系、
パパラルディは繊細な歌声、というように
ヴォーカルスタイルも好対照です。

バンドが結成されるきっかけとなった
レスリーのソロアルバム『Mountain』は
レスリーらしいハードな楽曲が
中心となったアルバム。

ハードスローブルースの「Blind Man」や
クリームを彷彿させるリフの「Baby, I'm Down」で
聴けるねちっこいギターソロにレスリーらしさが
出てます。

Leslie Westの『 Mountain 』をアマゾンで購入

1970年にリリースされた『Climbing!(邦題・勝利への登攀)』は
レスリーとパパラルディの2人のそれぞれの個性を
対比させたアルバムで、バンドの代表曲となった
「Mississippi Queen」でのブルースをベースにした
ハードなリフと早弾きに頼らないギターソロは
後のマウンテンサウンドの原型となります。

ジャック・ブルースの楽曲をカバーした
「想像されたウエスタンのテーマ」での
メロディアスに歌い上げる感じの
ギターソロもレスリーならではです。

マウンテンの『勝利への登攀』を楽天市場で購入する
マウンテンの『勝利への登攀』を楽天市場で購入する

バンドの2作目『Nantucket Sleighride』は
タイトル曲の「ナンタケット・スレイライド」が
ライヴで長尺でプレーされたバンドの初期の代表作。
前作に比べてブルース色は弱まった感があります。

マウンテンの『Nantucket Sleighride』をアマゾンで購入

1971年11月にリリースの『Flowers of Evil(邦題・
悪の華)」は前半がスタジオ録音、後半が
同年の9月にフィルモア・イーストで行われた
コンサートを収録したライヴ音源。

クリームのラストアルバムが
ライヴとスタジオが混在していた
作品だったのと同様、バンド内での
主導権争いが抜き差しならない
状態になっていたであろうことがうかがえます。

アルバム前半部の楽曲はアルバムタイトル曲を
除いて全曲がパパラルディの作品となってますが
4曲目の「クロスローダー」はパパラルディの
曲ながらブルースをベースにしたハードな楽曲。
スライドギターを駆使したレスリーのソロが聴きものです。

アルバム後半のライヴは、ヴァイオリン奏法、
ピッキングハーモニクス、フィードバックを
ふんだんに盛り込んだレスリーの圧巻の
ソロを聴くことが出来ます。

初期のマウンテンの最高傑作、と呼んでも
過言はないアルバム
です。

マウンテンの『Flowers of Evil』をアマゾンで購入

-Leslie West, レスリー・ウエスト

Copyright© 【ギターソロはロックの華】ギターソロのカッコ良いロックの名盤を紹介 , 2021 All Rights Reserved.